自分でやると意外と大変な水道の蛇口修理は業者に任せよう

蛇口 交換は水道の修理の中でも簡単で、やろうと思えば誰にでもできる初歩的な修理なので、専門業者に修理を依頼する前に自分で修理できるかどうか調べてみるのもひとつの方法です。どんなトラブルが起きているのか、同じトラブルでも蛇口の種類が違えば、蛇口 交換に必要な部品や工具も違ってくるでしょう。もちろん、自力で直せないときは専門業者が頼りになります。

■蛇口の交換は状況によって自力で直せることも

蛇口交換に必要なのは、交換する蛇口と、パッキンといわれる5円玉のようなゴム、水量を調節するコマ、留め具、留め具に合う工具です。交換の方法は古い蛇口の根本にある留め金を工具で回して外し、パッキンを取り出します。新しいパッキンを入れて、新しい蛇口に留め金を取り付け、後は元のように留め具で締めて完了です。コマは蛇口のひねる部分の留め金を外して交換します。これは一般的な蛇口の交換方法なので、蛇口によっては手順が変わることがありますが、基本的には新品の蛇口とパッキン、留め金と工具の4つがあれば交換はできます。

■蛇口には色んなタイプがある

水道の蛇口の交換でつまづきやすいのは、交換修理作業ではなく、適合する蛇口を購入することです。蛇口には大きさがあり、ぴったりと合わないと取り付けることができません。後で後悔しないためにも、蛇口のサイズを事前に測っておきましょう。メジャーがあれば蛇口の周囲も直径も測れますので、それらをメモしておくことをおすすめします。自力で直せたとしても、それまでにたくさん部品を買いそろえ過ぎたのではお金も勿体ないですから、自力で直す場合は出来るだけ無駄を省くためにも、事前準備を整えておくことが大切です。
蛇口はメーカーによって規格があり、同じメーカーの同じ規格のものでなければ取り付けができません。どうしても不安な場合はスマホで蛇口の写真を撮って、ホームセンターなどで売り場の担当の方に相談するのもひとつの方法です。写真とサイズを測ったメモも役立つことでしょう。

■まとめ
蛇口 交換をするときは、修理交換作業よりも取り付けられるかどうかが問題になります。蛇口のタイプによって合う部品は色々揃って入れうので、事前に取り付けが出来る蛇口がどんなものかを調べ、確実にそれを手に入れておく必要があります。慣れていない人はこれがとても難しいので、もし迷ったのなら業者を呼んだほうが確実です。専門業者であればトラブルに応じて的確な修理を施してくれるので、不安もすぐに解消されるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ