水道 修理が必要になる時期はいつぐらいか

水道 修理が必要な状況になった時、何が原因でトラブルが起きたのか追及する必要があります。特に水を使う場面が多いキッチンはトラブルが多いのが現状です。食事が終わったあとに食器を洗おうと思ったら蛇口からチョロチョロと水が漏れていたというトラブルは少なくありません。

■どのぐらいで水漏れが起こるのか

新築の家やマンションなどで水漏れのトラブルが起こることはほとんどありませんが、何年も暮らしていると劣化などが原因となって水道 修理が必要な水回りに関するトラブルが起きてしまう頻度が高くなります。専門知識のある専門業者によって建てられるわけですから、新築わずかで水回りのトラブルが起こることは考えられません。
一般的に、施行から数えておよそ10年が過ぎたころに水回りのトラブルが起きやすいと言われています。その理由は、蛇口のタイプによってさまざまです。10年以上経っているけれど特に水漏れなどのトラブルがないという場合でも、劣化によって近いうちに水漏れのトラブルが起こる可能性があることを覚えておいてください。蛇口のタイプによってパッキンを交換することで水漏れトラブルを未然に防ぐことができるため、10年ごとにゴムパッキンを交換しているという家庭も珍しくありません。

■蛇口には多くの種類がある

かつては蛇口と言えばこれほどの種類はありませんでした。ハンドルをひねれば水が出るというタイプが一般的でしたが、私たちの暮らしが豊かになってきたのと同時に、暮らしやすさを求めて蛇口もさまざまなタイプが誕生しました。
大きく分けて2つのタイプがあります。ハンドルタイプとレバータイプです。それぞれ内部の構造はそれほど複雑ではないので、中の仕組みと水道 修理の手順さえ理解していれば素人でも簡単に修理ができます。もちろん力のない女性でも修理は可能です。
ハンドルタイプは、冷たい水と温水のハンドルが二個ついているタイプで、それぞれをひねって水量や水温を調節していきます。レバータイプは、中にカートリッジが入っていて、ハンドルを上げたり下げたりすることで水量や水温を調節します。

■まとめ
水道 修理が必要になるとき、自分の家の蛇口はどんなタイプなのか知っておくと、いざトラブルが起きたときにどんな修理が必要になるのか冷静に判断することができます。自分で修理ができずに専門業者へ依頼する場合でも、冷静に状況を伝えられるので、スムーズに段取りを進めることが可能です。多くの場合はトラブルが起きてから慌ててしまうケースが多いので、予備知識としてお役立ち情報を知っておくことはとても大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ